お庭づくりの要素

お庭を作るときは、ご自宅の家の環境を理解し、お庭を作って何がしたいのか目的を明確にし、そして庭に入れる構成要素などを検討していきます。

ここでは、お庭のプランニングで参考になる構成エレメントをご紹介いたします。


木彫のテーブルや可愛いイスを置いて、アフタヌーンティ一を楽しんだり、読書やおしゃべりをしたいときにウッドデッキなどを設けておくと便利です。

また、次第にウッドデッキなどは物干し場やふとん干し場になりがちなので、スペ一スが許すのであれば家からちょっと離れた場所に作るのもひとつの手段です。

頑張れば自分で作ることもできますが、綺麗に作りたかったり、2階や斜面などの難しい立地では業者に設計してもらって施工してもらった方が無難です。

ウッドデッキ

パーゴラ

ツル性植物を這わせた棚のことで、植物と門と合わせてパーゴラゲートにしたり、ウッドデッキと合わせて日陰を作ったりすると、ちょっと贅沢な雰囲気を醸し出せます。


フェンス

道路や隣家からの目隠しや間仕切りの役を果たすフェンス、枕木や白木を使ってナチュラルに仕上げたり、ツル性植物や壁掛けコンテナが楽しめるラティスフェンスにしたりするといいでしょう。

マンションなどコンクリート造りのベランダの雰囲気を和らげたいときにも便利です。

フェンス

小道

小道とは、どこかとどこかを結ぶ道のことで、また、アプロ一チという場合は主に門扉から玄関までの道アプロ一チ。

枕木やレンガを使ったり、曲がりくねった階段にしたり、家によってさまざまで、工夫次第で庭を広く見せることも可能です。

また、枕木、レンガ、石、タイルなど、どんな素材を使うかでお庭の雰囲気が大きく違ってきますので、慎重に検討しましょう。

小道

花壇

花や植物を植えるスペース、小道の通り周辺にグランドカバー的に植物を植えたり、壁面をバックにしたポーダー花壇を作ったり、枕木やレンガなど周囲をとんな素材で囲むかもポイントのひとつです。

花壇

庭の焦点となる木のこと。

その庭の雰囲気を決める大きな要因になるので慎重に選びたいところです。


テラス舗装

レンガやピンコロ石などを使って綺麗に舗装すること。

素敵なテラスの上に、ウッドテーブルや椅子を置けば庭の主役にもなったりします。

テラス舗装

ステップ

玄関ポーチや庭の中の小さな段差を補う機能面と合わせて、階段そのものが庭としも活用できます。

サイドにコンテナを置けば、植物の花や緑のアクセントによって、やわらかさが出てさらに素敵になります。

玄関ポーチ

水 場

広さに余裕があれば池を作ったり、壁泉(文字どおり壁から流れ出る水のこと)を設けたりしてもよいでしょう。

庭の植物への水やりにも便利な壁泉は実用性も高く、タイルやモルタルを上手に使って池を作れば庭全体に安らぎを与える効果も大きいです。


アクセント

庭にアクセントを与えるコンテナやポスト、鳥箱は手軽に置けて、お庭の存在感も一層増します。

ただ、何でも置けばよいというものではないので、ポイントを押さえてセンスよく置くことが大切です。

アクセント

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る