セミクローズ外構

外構スタイルについて

外構スタイルを検討するときに良く耳にする

オープン外構
セミオープン外構
クローズ外構

の3つのタイプがあります。

隣接する環境や周囲の状況、擁壁や地下スペースの有無、住宅のデザインによっても選択できるタイプが変わってきます。

お客様の好みのスタイル、ご予算、土地、建物との関連性などで実際に施工が可能かどうかなど、お気軽にご相談ください。


オープン外構の特徴

オープン外構

オープン外構は、フェンスや堀、門扉、ゲートなどが一切ないお庭のスタイルのことを差します。

特長は敷地をより広々と有効活用できることで、敷地が小さくなりがちな都市部や、広めの駐車スペースを設ける場合などにおすすめです。

構造物が少ないので、その後のリフォームなども容易です。


クローズ外構の特徴

クローズ外構

クローズ外構は、敷地の外周をフェンスや堀、門扉、ゲートなどで囲うやり方です。

こちらの一番の特長は安全面で、他人の侵入を防ぐだけでなく、小さな子供やペットなどの飛び出し防止にもなります。さらに、外からの目隠し効果も最も高くプライバシーも守られます。

しかし、堀やフェンスなどの材料費の分、オープン外構よりも費用が高くなります。


セミクローズ外構の特徴

セミオープン外構

セミクローズ外構は、オープン外構とクローズ外構の良さを組み合わせたようなスタイルで、玄関とアプローチはオープン外構で駐車場はクローズ外構などにする手法です。

気になる部分だけセキュリティを向上させることで費用を安価に抑えることができます。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る