外構(エクステリア)業者を選ぶ基準の考え方

頼んではいけない業者
カタログの商品だけでデザインし提案する業者  住宅メーカーの下請けに多い
緑の知識が乏しく、緑とのバランスが悪い提案 緑が不自然に使いまとまりがない  
デザインの中にいろいろなマテリアルを入れる  例えば床の仕上げにいろいろな素材を入れすぎ、品位がない
舞台装置のごとく庭を提案する業者  マスコミなどが喜ぶ
担当者の知識が不足している
お願いしたことが反映されない

良い業者
良く建築図面をよく理解したうえで提案する
お願いした思いと提案があっていること
提案で夢が膨らむ内容かどうか
担当者が植物を踏まえ良く知っていて、打ち合わせの場でも絵が描ける人
機能性だけでなく情緒も踏まえて提案
季節感などがある提案を作成

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る